浦沢直樹が描きまくる個展を開催!場所や期間は?クロスロードで特集


漫画が大ヒットし、映画化までされた大人気漫画の20世紀少年の作者である浦沢直樹さん。

MONSTERやプルートゥなど他にも人気の作品が多く、今とても勢いのある漫画家さんではないでしょうか?

実は今年で漫画家生活33年目を迎える浦沢直樹さんが自身の個展を開いていることで話題になっていたんです。

今回はそんな浦沢直樹さんの個展の開催場所や期間、そしてどんな内容になっているのかについて調べてみました。

 

浦沢直樹が描きまくる個展を開催!場所や期間は?

sp00101_hall

出典:tomagazine.jp

浦沢直樹さんが自身の漫画家生活33年を記念する個展を開いていることが話題になっています。

正式には2016年の1月16日から開催されているので、現在も絶賛開催中なんですよ。

個展のタイトルは「浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる!」で全てを浦沢直樹が紙とペンだけで書いた漫画の個展なんです。

今までの集大成となる個展でとても力が入っている内容なので、とても見ごたえがあると思いますよ。

僕自身もとても行ってみたい個展の1つなんです。

それでは場所や料金など詳しい情報を調べてみましたので共有しておきたいと思いますね。

【開催期間】
2016年1月16日(土)~3月31日(木)
10:00~18:00(入館は17:30まで)
※休館日は毎週月曜日(祝日の時はその翌日)

【開催場所】
東京・世田谷文学館

【料金】
一般/800(640)円
高校・大学生・65歳以上/600(480)円
小・中学生/300(240)円

出典:www.enjoytokyo.jp

 

浦沢直樹の過去の作品をご紹介!

Sponsored Link


そんな浦沢直樹さんですが、やはり一番有名な作品は映画化もされた20世紀少年ですよね。

伏線が張り巡らされていて、とても面白い作品だと思います。

その他に個人的に好きなのが、鉄腕アトムをモチーフにしたプルートゥという漫画なのですが、皆さんご存知でしょうか?

鉄腕アトムのエピソードの中の1つである「地上最大のロボット」を浦沢直樹さんが独自の目線から解釈し加えたリメイク作品なんです。

この作品もとても面白いと評判で浦沢直樹さんの漫画の中でも人気作に入ります。

その他にもベルリンの壁崩壊の以前以後のドイツ社会などをテーマにしたMONSTERや柔道をテーマにしたYAWARAなど数多くの名作を世に送り出してきた漫画家なんですよ。

 

浦沢直樹がクロスロードで特集!半年間に密着!

今回個展が開催されるに伴って、浦沢直樹さんが2月20日放送のクロスロードというテレビ番組で特集されます。

個展開催までの浦沢直樹さんの半年間に密着されるそうで、漫画に対する情熱であったり、こだわりや信念など浦沢直樹さんをもっと知ることができるそんな放送だと思います。

やはり自分の個展を開くことが簡単なことではないですし、大変だと思うのでそれまでの期間をドキュメントでみれるというのはとても貴重な映像になるはずですよね。

2月20日の22時から放送されるので気になった方はお見逃しないようにしてくださいね。

 

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ