上原淳がクロスロードに出演!異端の医師が個人で緊急病院を設立⁉︎


医療の業界で最近、個人で緊急病院を設立したという異端の医師がいると話題になっているんです。

その医師は上原淳さんという方で、一般的には緊急病院を個人で設立することは不可能と言われていたのにも関わらず成し遂げた医師なんですよ。

そんな上原淳さんが12月26日のクロスロードに出演され、特集されたりとメディアにも最近は出演されたりしているんです。

今回は異端の医師と称されている上原淳さんがどんな人なのかについて調べてみましたので見ていきたいと思いますね。

 

上原淳ってどんな人?

thumb_528782_new-face

出典:medical.nikkeibp.co.jp

上原淳さんは、神奈川県にある川越救急クリニックという小さな医院の院長兼、救急専門医として活動されているお医者さんです。

医者になるため大学に進学し、卒業後は大学病院にて麻酔科というところからスタートされるんです。

その後は数々の病院に勤務され医師としての技術を身につけていかれ、企業の産業医なども経験されたこともあったそうです。

産業医として働いていた上原淳さんですが、ある時に九州厚生年金病院から「来年から救急に力を入れ2次救急を始めるから、救急を担当する医師を探しているが来ないか?」という声がかかり心機一転、緊急医師として活動されることを決意されたそうなんですね。

働いていく中でバイクの交通事故で運ばれてきた18歳の少年を助けることができなかったという事があり、緊急医療の中で一番重い怪我を治療できる3次の救急医療を学ぶ事になったんだそうです。

 

上原淳が個人で緊急病院を設立!そこにある思いは⁉︎

34677_doctors_photo_1

出典:www.m-life.jp

上原淳さんは現在、川越救急クリニックを設立されて院長兼救急専門医をされているのですが、なぜ個人で緊急医院を設立されたのでしょうか?

なんでも他の緊急病院などはその病院で対応できないと判断した場合、たらい回しになりその病院で対応されない事が多いらしいんです。

そういう事が許せなかった上原淳さんはどんな患者さんでも自分の医院で対応できるようにと川越救急クリニックを設立されたんだそうですよ。

緊急病院の中でも個人で経営している病院はほとんどなく、業界でもとても話題になっていたんですよ。

川越救急クリニックではとにかく緊急の患者の引受の要請を断らないことをモットーにしており、どんな患者でもできる限り対応するんだそうですよ。

そういうところからも患者さんのことを思っているのかという事が感じられますよね。

 

上原淳がクロスロードに出演!

Sponsored Link


そんな上原淳さんが12月26日放送のクロスロードにて特集されます。

上原淳さんの医療に対する本気さがひしひしと伝わってくるような放送になっているかと思います。

患者と本音で向き合うからこそ時には厳しく、誰にでも気さくな上原の生き様が垣間見れるかと思いますよ。

12月26日放送のクロスロード、貴重な回になるかと思いますのでぜひご覧くださいね。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ