コブクロの新曲未来をMステで生演奏!歌詞の意味や制作秘話!動画


幅広い世代に支持されており、発売する新曲はほとんどがオリコンチャートのトップ10入りするほどの売れているファークデュオのコブクロ

映画やドラマなどのタイアップ曲になることも多く、Million Filmなどみなさんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

12月16日には27枚目となるシングル曲未来をリリースされます。

新曲の未来は12月12日から上映される映画orangeの主題歌に起用されることが決まっているんですよ。

今回はそんなコブクロの新曲未来の歌詞や制作秘話などを見ていきたいと思います。

 

コブクロの新曲未来の歌詞の意味は?

004

出典:matome.naver.jp

コブクロの新曲未来ですが、とても切なくて感動的なバラード曲なんです。

聞くと泣けてくるような曲で、映画orangeともとてもマッチしているんですよ。

歌詞もとても切ない歌詞で個人的にはとても好きなので早速貼っておきますね

コブクロ新曲の未来の歌詞はこちら→コブクロの未来の歌詞

好きな人の事を歌ったラブソングな歌詞ですよね。

とても辛い時があっても、きっと笑っていられるような未来があるという希望が込められている歌詞だと思います。

歌詞も映画orangeとリンクするところがあり、映画自体が10年後の自分から手紙がくるという設定なので未来という言葉にリンクしているんだと思いますよ。

こんなにか細く折れそうな 枝の先にも君の未来が
生まれてるまだ見ぬ日々を 切り落とさないで
今を笑って振り返る 君を守りたい

という所が個人的には好きで、今はまだ些細な事で気になってしまうけれど将来的には笑い話になるといった意味が込められているような気がしますね。

 

コブクロ新曲未来の制作秘話!動画も!

cf6d5c8376407e8650d7e01d4687d863

出典:matome.naver.jp

そんなコブクロの新曲未来ですが、先ほどもお伝えした通り映画orangeのタイアップ曲として書き下ろされた楽曲なんです。

コブクロのお二人は、

原作を読んでこの楽曲ができました。『未来』という言葉は、前向きにも捉えられますが、『未来はどうなるかわからない』という刹那な不安とも隣り合わせであることを、この物語を通じて感じました。

もし、いまがどんなにつらくても、いつか辿り着く未来から今をふり返って、笑える日が来て欲しい。
そんなイメージでこの歌詞とメロディーを描きました

とコメントしていて、未来に対する希望や不安のようなものを曲にしているみたいですね。

ではここで新曲の未来の動画を貼っておきたいと思いますね。



 

コブクロがMステ出演で新曲未来を生演奏!

Sponsored Link


12月4日放送のミュージックステーションにコブクロが出演され新曲の未来を生演奏されます。

コブクロのお二人の演奏やパフォーマンスにも期待が高まりますが、司会のタモリさんとのトークも注目ですね。

他にもAKB48や関ジャニ∞など豪華ゲストが出演されるので見応えのある内容だと思いますよ。

ぜひチェックしてみてくださいね。録画の準備もお忘れなく!

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ