JAXA吉田憲司が超音速機の騒音低減に成功!実用はいつから?夢の扉


マッハ2という驚異的なスピードで飛行機の2倍の速度で移動 をすることのできる超音速旅客機という乗り物が開発されているということで話題になっているんです。

マッハ2という速度は時速2450kmということですからとんでもない速さですよね。

しかしものすごい速度がでる一方で騒音がうるさいということが懸念されていたんです。

そんな中、日本で超音速旅客機の研究をされているのがJAXAという企業がその騒音を低減させることを成功させたらしんです。

今回はそんな超音速旅客機を研究されているJAXAについてや騒音低減された旅客機の実用時期などについて見ていきたいと思います。

 

JAXA吉田憲司が超音速機の騒音低減に成功!

2000px-Jaxa_logo.svg

出典:ja.wikipedia.org

飛行機の2倍の速度で移動ができる超高速旅客機ですが実はソニックブームという超騒音があり、以前まで利用されていたコンコドルという旅客機はその騒音で引退までおいこまれたんだそうです。

どれくらいうるさいかというと雷が鳴り響くような音らしいんです。

ずっと雷の爆音がなっていると考えるとその騒音具合がお分かりいただけるかと思います。

その騒音のために超音速旅客機の利用が懸念されていたのですが、その旅客機を日本から復活させようということでJAXAが騒音低減プロジェクトを始動されたんだそうですよ。

JAXAといえば宇宙航空研究開発機構の通称でロケットや人工衛星などを研究されている企業として有名ですよね。

その指揮をとっているのがJAXAの吉田憲司さんという方なんです。

数々の実験を繰りかえし試行錯誤した結果、最近スウェーデンで行われた実験にてソニックブームの騒音低減に成功したんだそうですよ。

なんでも先端や尾翼の形を工夫することで、設計時の想定通り、超音速機の騒音の主因である空気の圧力の変化量を半減できたそうなんです。

試行錯誤の結果成功したということで、吉田憲司さんもホッとされたそうですね。

 

騒音低減した超高速旅客機の実用はいつ頃から?

img_01

出典:edu.jaxa.jp

そして騒音低減にされたということで、このまま順調に進んでいけば実用される日もくるかもしれないですよね。

実際のところはいつあたりから利用できるようになるのでしょうか?

少し調べてみたのですが、騒音は軽減できたけれどまだ実用はまだ先になるみたいですね。

少なくてもあと5年以上は必要と言われていてすぐにということではないようです。

おそらく利用料金も初めはとても高いかと思いますので普通の人はまだ利用できなさそうです。

早く実用されて費用も安くなれば、とても便利なサービスになりそうですね。

 

JAXA吉田憲司が夢の扉に出演!

Sponsored Link


そんな超音速旅客機の研究をしているJAXAが11月29日放送の夢の扉+で特集されます。

指揮をとっている吉田憲司さんも出演され、研究している風景や実際の実験場面なども放送されるそうなんです。

こういった機会がなければ普通JAXAの映像なんて見れないので、とても貴重な放送になるかと思いますよ。

11月29日の18時から放送されるのでぜひチェックしてみてくださいね。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ