北の湖敏満が死去の原因や病名?デーモン小暮閣下が悪魔姿で葬儀?


相撲界でとても実力があり、元横綱で日本相撲協会の理事長を務めていた北の湖敏満(きたのうみとしみつ)さん。

多くの人に慕われており、理事長になっても尊敬される存在だったそうなんです。

そんな北の湖敏満さんが2015年の11月20日に亡くなられたそうです。

その急死の原因はなんだったのでしょうか?そして大の相撲好きであるデーモン小暮閣下さんについても見ていきたいと思います。

 

北の湖敏満ってどんな人?

PN2012013001001872.-.-.CI0003

出典:matome.naver.jp

北の湖敏満さんは小さい頃から体が大きく小学6年生で身長が160cmあったそうです。

その頃からスポーツ万能で当時は相撲ではなく柔道をしたのですが、すごい才能があり中学一年生の時に初段となったんだとか!

やっぱりのちに活躍される方って小さい頃からずば抜けている人が多いですよね。

そして中学生には入り相撲の世界に入っていき、自慢の運動神経と柔道鍛えた瞬発力をいかしどんどん成長されていったんだそうですよ。

相撲の業界からはスピード出世とも言われていて、15歳で幕下までなる偉業を成しとげているんですって。

そこからもどんどん活躍していき横綱になられ、引退後は相撲協会の理事長としてずっと相撲に携わって来られていたのですね。

 

北の湖敏満が死去の原因や病名は?

Sponsored Link


そんな北の湖敏満さんですが、2015年の11月20日に急死されたそうです。

とても突然の報道に驚かれた方も多かったかと思います。

その急死の原因とはなんだったのでしょうか?

北の湖敏満さんは直腸がんによる多臓器不全が原因と言われています。

2015年7月に腎臓に尿がたまる両側水腎症と診断され、休養されていたりと以前から健康状態が安定していなかったみたいですね。

亡くなる前日まで相撲の解説をされていたということで本当に急死されたということらしいです。

葬儀の日程についてはまだ未定とのことです。

 

デーモン小暮閣下が北の湖敏満の葬儀に悪魔姿で出席⁉︎

4_c62c1a17d54be5430ea134525bcff3ea

出典:matome.naver.jp

その中で大の相撲ファンとして有名な聖飢魔IIのボーカルであるデーモン小暮閣下さんは、北の湖敏満さんとも交流があり今回の報道でとてもショックを受けているそうなんです。

なんでもデーモン小暮閣下さんは、悪魔メイクでの国技館入りを許可されていてその許可を下したのが北の湖敏満さんなんだそうですよ。

NHKなどにも悪魔メイクで出演されていたりもしますが、これがきっかけで出演できるようになったんですね。

なので噂では北の湖敏満さんの葬儀にも悪魔メイクで出席するのではないかと言われているんです。

不謹慎かもしれないですが、北の湖敏満さんもおそらくデーモン小暮閣下として出席してくれることを望んでるかと思いますのでデーモン小暮閣下として出席してあげてほしいですね。

Sponsored Link
サブコンテンツ

このページの先頭へ